「お尻の母」シリ村圧子の部屋

恵比寿の尻コリ腰痛専門店「SHIRITCHI~シリッチ~」の店長シリ村のお尻への情熱と日常をつづるブログです。shiritchi.com

お尻と腰痛その2

f:id:shiritchi:20190327212014j:plain


前回二足歩行するためにはお尻は欠かせないと書きました。

👇みてくれましたか?

shiritchi.hatenablog.com

 人間が立ったり歩いたりするなどの日常動作を行うためにはお尻の臀筋(デンキン)三兄弟が常に貢献しているという事をご理解していただけたと思います。

今日はその続きです。

じゃあただその疲労だけで皆んな腰痛になっちゃうの?

っと聞かれると

なる人もいればならない人もいます。

 

例えば同じ生年月日、同じ名前でこの世に誕生して、全く同じ人生を歩んでいる2人がいたとします。

その2人は大きくなり小学校に通いだし、健康優良児として表彰状などをGetしたのち、無事義務教育を終え、高校に進学し、サッカー部にはいりハットトリックなどをきめます。

その後、大学に進学し初めての彼女ができ毎日ドキドキワクワク過ごしながらデート費用を捻出するべく夜は居酒屋のバイトに励みます。

その後、就職し念願のSEとなりました。

SEとは長時間座りPCと仁義なき睨めっこを繰り広げる大変な仕事です。

そのうち

Aは「なんか最近腰が痛いなぁ。」と感じ始めます。

Bは「なんかまつ毛が痛いなぁ。」とか独特な事を言い出します。

全く同じ人生、全く同じ仕事をしているのにこの違いはなんだと思いますか?

どちらも長時間の座りっぱなしでお尻は間違いなく血流が悪くなっており疲労も蓄積されています。

それは確実です。

しかしこの2人の違いはなんでしょうか?

待ってましたと言わんばかりに腰痛の話にもっていくA

独特な切り替えしで裏切るB

 

あえて2人の違いを言うならば

シリ村の見解としては、

臀筋の疲労具合にともないお尻が衰え結果的に骨盤の傾き方に違いがでてきてしまったからではないかと思います。

 

大げさに言うと、腰痛になったAは骨盤が傾いた。

腰痛にならなかったBは骨盤が傾かなかった。

 

現代の日本人はそもそもお尻がつかいこなせていない方が多いです。

 

昔は違ったのかもしれませんが、文明が豊かになったゆえかもしれませんね。

畑を耕したり牛を育てたりしなくても今はコンビニがあり、なんならUberがありポチッとボタンを押せば食事が届く訳で。

何時間も歩いて仕事に向かわずとも電車があり車があり、なんなら自家用ジェットで足までのばせて悠々自適に目的地まで運んでくれる時代です。

文明が進めば体が進化する必要はなくなります。

なにもしなければ退化していく。

当たり前のことですよね。

 

 またまた長くなってしまったので

次回はお尻が疲労するとなぜ骨盤が傾いてしまうのかをお伝えします。

 

自分の骨盤気になってきましたか?

 

 

SHIRITCHI~シリッチ~

東京都渋谷区恵比寿西2-9-9クリスタルスクエア代官山2F

ご予約フォーム

LINEからご質問やご予約もできます!お友達登録はこちらから!

Twitter//@ebisu_shiritchi