「お尻の母」シリ村圧子の部屋

恵比寿の尻コリ腰痛専門店「SHIRITCHI~シリッチ~」の店長シリ村のお尻への情熱と日常をつづるブログです。shiritchi.com

お尻と腰痛その1

f:id:shiritchi:20190327212014j:plain

昨日、嘘つきましたか?

シリ村は定期的に嘘つきますよ。

チロルチョコが一個300円に値上がったらしいよ。とか。

東京駅って実はガンダムみたいに戦えるらしいよ。とかね。

昨日は新元号の発表があったので

エイプリルフールの話題はだいたいのメディアがスルーしてましたね。

確かに新元号の発表とエイプリルフールを同じ時間帯に伝えるのは中々デンジャラスですからね。

 

今日は

結局お尻が疲れてくるとなぜ腰痛になるのさ?

っと質問されたので答えたいと思います。

ブログを見返してみたらどこにも特別に書いてなかったため、完全に書き忘れていたかもしれないと米粒くらいは反省しました。

 

まず最初にそもそも皆さんはなぜ自分が、なぜあの人が、二足歩行できているのかを考えた事がありますか?

「足があるからでしょう?」

正解です。

 しかし足だけでは人は歩けません。

人は立っているだけで股関節に負担がかかっています。

ボケーっとただつっ立ってるだけでですよ?

では歩行時にはどーでしょう?

片足の股関節にかかる負担は最大で体重の3倍と言われています。

40キロの痩せている女性なら最大で120キロの負荷がかかっている事になります。

すごいですよね。華奢な女子が大男をお姫様抱っこしているようなもんです。

ではその負担を全て足で支えているのかというと違います。

もしそうならすでに下半身は耐えきれずに歩けない状態になっていると思います。

では、地面からの衝撃や足や膝、股関節にかかる負担を誰がサポートしていると思いますか?

足と腰の間には何がありますか?

 

そうです!

お尻です。 

なぜわざわざ足と腰の間に存在しているのかを考えてみて下さい。

それは、足・腰の負担をお尻が吸収して守っているからです。

足・腰を鍛えるといいと聞いた事があると思います。

その度に

なぜお尻だけ仲間はずれにするのか。。。

ひどい。非常にシリ哀しい。

っと、信じらない気持ちでいっぱいでしたよ。

 

今後はぜひ「足・尻・腰」と言っていただきたいですね。

 

f:id:shiritchi:20190326013526p:plain


 お尻の筋肉は主に、大臀筋(ダイデンキン)、中臀筋(チュウデンキン)、小臀筋(ショウデンキン)という臀筋三兄弟で形成されています。

とくに大臀筋は体にある筋肉の中で最も大きな筋肉でこの筋肉が発達すればするほど関節への負担が減ったり、歩行や、ジャンプなどが余裕でできるようになります。

中臀筋はお尻の外側を形成している筋肉で、一部表層部分に、一部は大臀筋にかくれておりますが、股関節を安定させたり、横に動く運動など複雑な動作のバランスをコントロールしています。

小臀筋もお尻の外側の筋肉ですが中臀筋の奥深くにあるため、お尻のインナーマッスルや中臀筋のサポート役と言われている事が多いです。

 

臀筋三兄弟の事気になってきましたか?

 

長くなったのでまずはここまで。

続きはまた次回に。

 

SHIRITCHI~シリッチ~

東京都渋谷区恵比寿西2-9-9クリスタルスクエア代官山2F

ご予約フォーム

LINEからご質問やご予約もできます!お友達登録はこちらから!

Twitter//@ebisu_shiritchi